プラセンタドリンク プラセンリッチ 種類

プラセンタの種類について

プラセンタには、多くの種類があります。

 

医療用のプラセンタはヒト由来の胎盤が用いられますが、サプリメントや化粧品、プラセンタドリンクなどに用いられているプラセンタの原料は主に豚や馬など動物の胎盤です
動物由来のプラセンタには、豚、馬、羊、鹿などがあります。
動物の胎盤からの抽出以外で、海洋性プラセンタ、植物性プラセンタなどがあります。

 

豚プラセンタ

豚由来の豚プラセンタは、流通量の多いプラセンタです。
豚は年に2回出産し、一度に10頭位の子供を産むと言われています。
そのため、他の動物と比べて胎盤を多く採取することが可能なので、豚プラセンタが多く流通しています。
豚プラセンタを選ぶ際には、「SPF豚」のような徹底した品質管理の下に育てられた豚を使用しているものを選ぶと良いです。
「SPF豚」は日本SPF豚協会が定めた衛生管理法を用いて、抗生物質などを一切与えずに健康に育て上げ、厳しい基準を通過した豚です。

 

馬プラセンタ

馬由来の馬プラセンタは、アミノ酸の量や質、栄養成分などの豊富さが、豚や羊のプラセンタよりもはるかに多いのです。
プラセンタに使用される種類の馬は、多くがサラブレッドであることから、徹底した品質管理がされています。さらに馬は、豚と比較しても病気にかかりにくく、注射や抗生物質などの
薬物などを極力使用せず厳しい管理体制の中で育てられているため良質なプラセンタエキスが抽出できると言われています。
馬プラセンタは豚と比較して出産数も少ないため、高価になる傾向があります。

 

羊プラセンタ

ヨーロッパや北米で人気の高いプラセンタが羊プラセンタです。羊は人間の平均体重に近くアミノ酸の組成などもほぼ同じで、人間の胎盤の状態に非常に似ているので効果が高いとも言われています。
スイスの高級クリニック「ラプレリー」で行われていた、アンチエイジング治療が黒羊のプラセンタの点滴だった話も有名です。羊は病気にかかりにくい動物なので安全性も高いと言われています。

 

海洋性プラセンタ

魚類に胎盤は存在しないので、正確には「プラセンタ」とは言えませんが、卵を包んでいる「卵巣膜」という部分を「海洋性プラセンタ」と呼んでいます。
卵巣膜は、鮭でいえば、筋子を包んでいる薄皮の部分になります。卵巣膜には、卵が成長するためのアミノ酸やコラーゲン、ヒアルロン酸などの栄養成分がたっぷりとあり、健康維持に役立つ素材として知られています。 
プラセンタドリンクであるプラセンリッチの原料、鮭卵巣膜にはグロスファクター(成長因子)は含まれてないという記述がネット上にはありますが、マリンプラセンタがグロスファクター(成長因子)の一種であるIGF-1上昇剤の特許を取得しており、摂取することによって体内のグロスファクターが増えるということは実証されています

 

植物性プラセンタ

植物からの抽出物に「植物性プラセンタ」があります。
植物は胎盤が存在しないのですが、主にめしべの根元にあり種を包んでいる組織を「胎座」と呼び、胎盤と同じく「Placenta」という英語名なのです。
メロンで言えば種の周り、果肉では無い中心部分がプラセンタです。
胎座は発芽が起きる部分ですので、豊富な栄養素が期待でき、動物性プラセンタ同様にアミノ酸、ビタミン、ミネラルなどが含まれています。

以前は牛の胎盤由来のプラセンタが用いられていたことがありましたが、BSE(狂牛病)の発生にともなって使われなくなりました。
いずれの原料でも、製造工程では微生物の有無のチェックや滅菌処理などが行われ、安全性が保たれています。

page top
プラセンリッチ購入バナー画像